岩井友子のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園の入所申請につきそって

<<   作成日時 : 2013/04/16 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日15日は、船橋市の認可保育園の5月1日入園のための申請締切日。
申請する母子家庭の親子に付き添った。
子どもの面接もあるので、子どもを連れて窓口に申請しに来る。
時間がかかる場合子どもたちは飽きてしまう。
保護者が一人で来た場合は、手続きと子どもの世話で気が気ではないだろう。
母子家庭のママは、こういうことでもハンデかもしれない。

保育園に子どもを預けて働きたいと申請に来たママだったが、仕事は求職中。
入所判定のポイントは低く、待機児がでている現状では入所は厳しい感触だった。
それでも食べていかなければならない。
「昼間働く両親に、夜だけ預けて働き、保育園に入れるのを待つか」
「両親の助けも限界があり生活保護を受けるしかないのか」
申請後、これからの生活をどうするか相談する。

待機児問題は母子家庭の自立も阻んでいる。

健康福祉常任委員会で待機児の基準について、船橋の独自基準ではなく、国基準でカウントせよと発言する議員がいた。
国の基準は今回のような求職中の申請は待機児に含めない。
国の基準が実態とあっていないことを知ってのことなのだろうか。

今日、4月時点での認可保育園入所申込者が2,611人で入所者1,748人、差は863人という数字の報告があった。
この数字は船橋市の待機児数ではなく、公式な待機児数は後日発表されることになっている。
しかし、かなりの待機児がいる。昨年よりも増えているのは間違いない。

今年度、船橋市は新たに420人余の定員を増やす計画だが、毎年入所希望が400人ほど増えている。だからこの計画だけでは、待機児を減らすことになるのか、保育園の入園が大変な状況が改善されるのか大いに疑問をもっている。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園の入所申請につきそって 岩井友子のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる