岩井友子のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べ物のこと、大事にしたい

<<   作成日時 : 2013/05/07 19:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

田植えの季節。
水を張った田んぼに空の雲が映り、しみじみとした気分になります。
ゴールデンウィークにあぜ道を歩きながら、最近、親子で米作りの体験の企画をしてもなかなか集まらないという話をうかがった。食と農を知る機会になるのに残念だ。

安倍首相がTPP交渉参加を決めたということもあってか、このところ食の安全にかかわる話を聞くことが多い。
『マクドナルド腐敗実験with半年後に味見する実験』を長岡市の女性がやっていてネットでハンバーガーの画像を公開しています。
「ハンバーガーは4ヶ月たって、干からびてはいるものの、肉は肉の香りがしており、レタスは変色せず緑色のまま、乾いている。すさまじい種類の化学物質からつくられた香料や着色料、防腐剤が使われているのがわかる」そうです。
香料など添加物まみれで味とにおいをすりこまれる子どもたち。
ポテト・チキン・ビーフなど輸出国では、専属契約で農地や牧場が荒廃し、貧困化する牧場主。スピードと効率を追い求め、労働者の搾取によって成り立っているファストフード産業。

遺伝子組み換え食品の許可が急増しているニュース。
2月26日217品種だったのが4月24現在252品種になった。
遺伝子組み換えの種苗業界の1位モンサント(米国)、2位デュポン(米国)、3位シンジェンタ(スイス)。
コメの遺伝子組み換えの1位は中国。中国水稲研究所で日中共同研究が行われ(2009年)、実用化されているが日本の検査体制は万全ではないという。

先月、私も入っている千葉県食文化研究会が千葉県知事あてに要望書を出した。
千葉県は学校給食に国産小麦100%のパンを使うようになったが、TPP参加で国内の小麦の生産が減少すると、国産小麦のパンの利用が困難になる心配がある。
千葉県内の小麦生産を促進し、子どもたちに安全な小麦を使ったパンを学校給食で使用できるようにしてほしいという内容だ。TPPへの参加にも反対だ。

放射能汚染、輸入食品など気付かないうちに変化していることがなんて多いのだろうか。
それがひたひたと人間の健康をおかしてきている。
しっかり目を開けて、自分の、家族の、私たちの健康を守るために行動したい。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べ物のこと、大事にしたい 岩井友子のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる