岩井友子のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本軍「慰安婦」にされたハルモニたち

<<   作成日時 : 2013/09/25 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

昨日、参議院議員会館でナヌムの家ハルモニを迎えての院内集会に参加した。
「ナヌムの家」とは日本軍「慰安婦」にされたハルモニたちが共同生活している韓国内の住宅。
そこに住むハルモニのうちの3人が、日本の市民団体の招きで来日している。
画像
14、5歳の時に道を歩いているところを拉致され、中国に連れていかれ、日本軍「慰安婦」にされて中国内を移動する日本軍に同行させられた。
終戦時、日本軍は「慰安婦」たちを朝鮮に戻すことなく、中国に置き去りにして、自分たちだけ逃げて行った。
朝鮮に帰れないまま中国で長い間暮らさなければならなかった。

日本の要人が日本軍「慰安婦」は強制ではなく、自分の足で行った、金もうけのために日本軍「慰安婦」になったというが許せない。14、5歳の少女が日本軍「慰安婦」に自らなるはずがない。
金儲けというがその金はどこにあるのか。逃げようとして切られた痕(腕)を見てほしい。
トイレから戻るのが遅いと頭を殴られ大けがをした痕がこれだ。
兄たちは北海道と大阪で死んだ。
私たちの親はどんな思いでいただろう。
謝罪してほしい。
画像

安倍首相は韓国と戦争をしようとしているのか。
日本政府の言葉を聞くと、ご飯を食べてものどを通らなくなってしまう。
日韓が戦争になってはいけない。
どうぞ戦争をしないでください。
みなさんが悪いのではない。
日本政府に謝罪と補償を求めている。

86歳、87歳、90歳の3人のハルモニたちは、日本軍「慰安婦」を認めない日本の要人への怒りと、
日本軍「慰安婦」問題の解決に取り組む日本の市民たちへの期待を口々に語った。

昨日は、朝、こんなことがあった。
船橋法典駅の宣伝で、「今日は日本軍「慰安婦」だった韓国の女性たちの話を聞きに行く」と話した。
すると中学生か高校生ぐらいの制服を着た男子生徒が近づいてきた。
「侵略戦争なんてしていないですよ。いつ侵略したっていうんですか。」と抗議してくる。
こんなに若い、幼いともいえる子どもが、過去に日本が起こした侵略戦争を侵略ではないというのだ。
侵略戦争を美化し、再び戦争への道に引きずり込もうという勢力が跋扈しているのだ。
「歴史をきちんと勉強してください。しっかりと事実を勉強しないと、誤りを繰り返すことになるんだから」と返答をすると、少し離れて携帯で話しはじめ、そのうち、改札の中に入っていった。

私は戦争を体験していないけれど、戦争を体験した人たちの話を直接聞くことができた。
ハルモニたちの話もきくことができた。
語り継ぎ、語り拡げ、簡単に戦争をやろうとする人たちを生み出さない努力をしていこうと思う。








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
岩井さん、はじめまして。
待機児童解消に取り組むお姿、陰ながら応援しております。

さて、この記事に、「慰安婦に対する謝罪と賠償を要求する」につきまして、岩井さんは日本国が今後も国民の税金から、賠償金を支払うべきだ、とお考えなのでしょうか。

私の認識では、

日韓請求権・経済協力協定(1965年6月22日調印)
第2条1の
「両締約国は、両締約国、及び、その国民(法人を含む)の財産、権利、及び、利益、
並びに、両締約国、及び、その国民の間の請求権に関する問題が、
1951年9月8日に、サン・フランシスコ市で署名された
日本国との平和条約第4条(a)に規定されたものを含めて、
完全、かつ、最終的に解決されたこととなることを確認する」

にて解決された認識です。
この際支払われた当時の金額で8億ドル、これをもとに韓国は先進国へと発展できたのではないでしょうか。
従って、慰安婦の方、慰安婦のご家族、ご遺族の方が賠償を請求すべきは、韓国政府なのではないでしょうか。

さらに、歴代の首相が謝罪を表明しております。

我々は、自国の発展のためではなく、慰安婦の方に、無限に税金を支払わなくてはならないのでしょうか。
船橋市民
2015/05/22 21:23
1993年の河野洋平内閣官房長官の談話で「お詫びと反省の気持ちを申し上げる」と述べられていますが、歴代の首相が謝罪を表明しているという認識を私は持っていません。逆に、「狭義の強制連行はなかった」と強制性はなかったと日本軍「慰安婦」について否定しているのではないでしょうか。強制性の否定は14,15歳の少女たちが自ら好んで慰安婦になったことになりますが、リアリティがありません。1951年時点で日本軍「慰安婦」問題の認識が両政府の共通認識になっていたとは思えませんし、国連人権機関から繰り返し「慰安婦」問題の解決を求める所見が出され、国際的な認識は未解決というものになっています。私もその視点に立っています。
岩井友子
2015/05/26 19:48
船橋市民さん
以上のように考えているので、
日本軍による強制性を認めた謝罪と、そのことに対する賠償を日本政府にやってほしいと思います。
岩井友子
2015/05/26 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本軍「慰安婦」にされたハルモニたち 岩井友子のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる