岩井友子のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩井友子事務所開き挨拶

<<   作成日時 : 2015/04/14 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
まもなく市議会議員選挙が始まります。3月に行った私の事務所開きで行った挨拶を読んでください。

こんにちは
今日はお寒い中、雨もぱらつくあいにくのお天気になってしまいましたが、たくさんのみなさんにお集まりいただきありがとうございます。船橋市議会議員8期目をめざす選挙の事務所開きがこのように開催できたこと心からお礼申し上げます。

私は7期28年間、地域のみなさんに支えていただき議員として働いてくることができました。本当にありがとうございました。
私は子どもからお年寄りまで、誰もが安心していきいきと暮らすことができる、そのために働く議員でありたいと思ってきました。
この4年間は、東日本大震災の直後からでした。市内でも様々な被害が出て、この地域でも屋根瓦が多くの家で壊れました。お金がなくて屋根が治せないことが起きちゃいけないと補修費用を助成しようと市に求め上限50万円の制度ができました。知らなくて使えなければ意味がありませんでしたから申請書を持って、被災した方にお届けしたり。
また、放射線測定器を独自に購入して、市民のみなさんと測定を行い、それが市を動かして全市での調査や、放射線量の高い場所の除染などにつながりました。
 前回の選挙で学校耐震化のことを訴えましたが、財政力がありながら遅れている原因が、市の技術職員不足だと認めさせ、職員採用で一気に耐震化が進み、新年度中にすべて完了する予定です。小中学校のエアコンの設置も予定しなかった地方交付税が交付された気を逃すなと市長に求めいっきに行われました。
 他にも子どもの医療費助成制度が中学3年生まで拡大されました。はじめはやらないといっていた市が、繰り返し取り上げる中でここまで進めることができました。
 この地域でも住民のみなさんとミニバスの運行に取り組みました。丸山公民館図書室の廃止計画に反対する中で、全市の図書館ネットワークの充実につながりました。
 歩道、カーブミラー、信号機などアンケートなどで寄せられた改善要望にも、丸山慎一県議と協力しながらたくさん取り組んできました。
 私は議会ではずっと健康福祉委員会に所属し、2年前からは委員長もしていますが、介護や医療、保育・子育て支援や福祉問題に取り組んできました。頑張っては来ましたが、暮らしの分野は悪化している感じがしています。
 船橋市は、フェイスビル建設や国の交付税削減で財政が悪化した当時、支出を抑えるために高齢者福祉などの市民サービスを削り、国保料介護保険料、公民館使用料の値上げなど負担増を強めました。その後交付税が戻り財政は好転しながら業務は増やさない姿勢が続いてきました。
必要な仕事までやらず、その結果毎年多額の剰余金をだし、昨年度も48億円の剰余金で積立金は261億円にも増えましたが、保育園が足りない、特養ホームが足りない、道路は凸凹、子どもの通学路は危険など、こんな状況が続いています。全国の中核市の中で4番目の財政力があり、積立残高も多い船橋市ですから、無駄遣いせずに、きちんと生かせば市民の暮らしを支える仕事はもっと格段に良くなります。とくに高齢化と少子化対策は待ったなしであり、その充実に使わせていきたいと思います。
認可保育所と特養ホームを増やし待機をなくす。整備に保育所50億円、特養は40億円かかりますが、261億のうち90億円で子育てや介護の環境が劇的に変わるならば、やるべきだと思います。子育て支援では給食費や教材費の無料化を提案しています。毎年40億円かかるのですが年間2000億円の市の予算の2%を節約すれば確保できる額です。子どものためにみんなが協力するそんな船橋市でありたいと思うのです。こうしたことをぜひ取り組んでいきたいと思います。

私は、共産党じゃなかったらいいのにといわれることがあるのですが、ちょっとそのことについても話したいと思います。私の議員としての値打ちは共産党の議員にあるというのが本当のところです。
だれもが安心していきいきと暮らす、それの障害になっている問題がたくさんあります。年金が低い、給料が安い、医療費が高い、特養ホームや保育園が足りないとかいろいろある。これだけ豊かな国になっているのに、なぜそうなっているのか。今の日本の政治は国民よりも、大きな企業や財界の声で動かされ、大企業の税負担はできるだけ軽く、庶民の税負担を重く、介護や医療や子育てなどの社会保障はできるだけ削ってしまう、こう言うことがずーっと続いてきた。安倍さんはこれから2年間で大企業に285兆円も内部留保金があるのにまた1,6兆円の減税をする、介護や医療はまた改悪するといってます。
共産党は大企業をなくせといっているわけではありません。力に応じた責任を求めているのです。私はトヨタの赤い車に乗っていますが、良い車を作っていっぱい儲け、がっぽり税金を払ってもらってみんなに感謝される企業になってほしいと思うわけです。

お年寄りを大切に、子育て支援を充実といろいろの人が言います。いくら口で言っても、大企業財界の勝手なやり方にきちんと物申すことをやっていかないと本当の意味で、暮らしを守る様々な制度の充実にはなっていかないと思います。それは、自治体でも同じことが言えて、大規模な開発が優先されたりという形であらわれるからです。だから私の値打ちは共産党にありということをわかっていただけたらと思います。

ちょっと長くなりましたが、今回の統一地方選挙は、安倍政権の戦争への道も問われています。私ごとですが、娘が海外にいます。国際化の中で、世界中色々なところで日本人が活動し生活しています。武力行使をしない国、武力でなく世界に貢献する国として日本は評価されてきました。憲法9条がこうした日本人を今まで守ってきました。9条を変えて戦争する国にすることが、どんなに危険なことか、家族として実感しています。戦争する国にしないためにも力をつくしたいと思っています。
どうかみなさんの大きなご支援を心からお願い申し上げます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本日、パークサイドシティマンション前での演説お疲れさまでした。
自宅でたまたま演説を耳にしましたが、
認可外保育施設を無認可と呼ばれている時点で、
正直怒りがこみ上げると共に、悲しくなりました。
保育のことを語ってほしくないと思いました。

岩井さんが仰っている無認可とは、どのような保育施設でしょうか。
保育料は0才であっても13万円なんてしませんし、
認可の実情、認可外の実情、本当にご存知でしょうか。
是非お話しさせていただきたく思い、コメントをさせていただきました。
ひとりごと
2015/04/19 17:18
コメントありがとうございます。
認可保育園以外の保育施設を認可外保育施設といったり、無認可といったり、しています。厳密にいうと市が指導監督して補助金が出ている施設を、認可外保育施設というのだと思いますが、街頭などでは聞き取りやすい言い方にしたいと無認可というときもあります。
認証保育所もあります。13万円というのは子ども2人分です。0歳と1歳です。認可保育園は第2子半減や、所得により保育料が決まりますが、所得のない母子家庭にとって認可外保育施設も認証保育所も負担が重いです。
どの施設で保育されようと、子どもたちが等しく豊かな保育が受けられるようにするには、自治体による支援が欠かせないと思います。児童福祉法等の基準を満たした認可保育園で保育する体制を作ることが自治体の責任だということが前提ですけど。(無認可保育といっていた時代に子どもを預け、大変お世話になったので、無認可保育という言葉に愛着があったかもしれません)。
岩井友子
2015/04/26 14:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩井友子事務所開き挨拶 岩井友子のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる